合宿免許で卒業した後の本試験とは

合宿免許は、教習所に直接通学するのとは異なり、受講生一人ひとりの教習カリキュラムがあらかじめムダのないように組まれています。 そのため、合宿免許で入学してから2週間を多少超える程度のごく短い期間で、学科教習、技能教習といった所定のカリキュラムを終えて卒業することが可能となっています。

しかし、合宿免許で教習所を卒業できたからといって、それでただちに運転免許証が取得できるというわけではありません。 教習所からもらった卒業証明書や仮免許証などの必要書類をもって、住所地を管轄している都道府県の運転免許センターに申請をして、公安委員会の本試験を受けて合格しなければ、本当に運転免許証を取得できることにはならないのです。

その際の学科試験は、択一式の問題となっており、道路交通法などの正しい知識を問うものとなっています。 卒業までに基本的なことがらを理解していれば合格は可能ですが、合格点が高めに設定されているため、いわゆる引っ掛け問題のような微妙な問題や、マークシートを塗り間違うなどのケアレスミスには要注意です。

このほか、運転するのに必要な視力などを備えているかどうかを確認する適性検査があり、日ごろからメガネやコンタクトレンズを使用している人は、こちらのほうの対策もしておく必要があります。 これらの試験にすべて合格すれば、その場で写真付きの運転免許証が発行され、車で公道を走れるようになります。

Copyright(c) 2016 合宿免許マニュアル All Rights Reserved.